jQueryはもう古いなんて言われたので、最近流行のJavaScriptのライブラリReactを試してみた。

仕事でゴリゴリjsやjQueryを書いていたら、「化石みたいなコード書きますね。」なんて言われた(ToT)

なにやら最近は、JavaScriptのフレームワークやライブラリがはやっていてjQueryでも時代遅れらしい・・・(本当かよ。。)

今回はその1つのReactを試してみた。

Reactとは?

ReactとはFacebookが開発しているJavaScriptのライブラリ。特徴としてVirtual DOM(仮想DOM)というレンタリング機能を備えている。

Reactは情報をすぐに描画しないで、Virtual DOMで構造体を作成して、それを元にHTMLを生成してブラウザに描画する。

仮想DOMとかよくわからんけど(ちょっとは理解できる)、とにかく実践あるのみ!プログラマーはコードを書いて、デバックして、修正して覚える生き物だ!!(武道家が拳で語り合うのと同じさ。。)

Reactインストール

とりあえず公式ページ(https://facebook.github.io/react/)をあさってインストール手順をゲット、npmを利用するようなので、npmは必須です。

>npm install -g create-react-app

コマンドプロンプトで上記を実行すると、Reactプロジェクトを作成するコマンドがインストールされる。

Reactプロジェクト作成

次にReactプロジェクトを作成。プロジェクトフォルダを作成する場所で下記コマンドを実行する。

>create-react-app my-app

コマンドを実行すると下記のフォルダ構成が作成される。

my-app
├node_modules/
├public/
├src/
├.gitignore
├package.json
└README.md

これでReactに必要な環境がそろいます。

React実行

公式サイト通りとりあえず実行してみる。

>cd my-app
>npm start
You can now view my-app in the browser.
Local: http://localhost:3000/

実行するとlocalhost:3000にアクセスしろと出てきます。アクセス。。

reactのstart

おー動いてる。src/App.jsを編集して保存して、リロードしろって書いてあるので、App.jsをいじればいろいろ変えられるようです。

これでインストールから動作まで確認できました。ここからいろいろいじってみるか。。