IT二刀流にはプロモーションが含まれています。

Linux系でサーバ間の通信速度を測定する

CPU

iperf3コマンドを使って通信速度を測定する方法です。

サーバやPC間の通信速度を測定することができます。

iperf3の確認

iperf3がインストールされているか確認しましょう。

# rpm -qa | grep iperf3

インストールされていなければインストールします。

centos8やfedoraを使用していればdnfでインストールしてください。

# yum -y install iperf3
~
インストール:
  iperf3.x86_64 0:3.1.7-2.el7

完了しました!

通信速度を測定

iperf3の速度測定は、ざっくり説明するとserverを立ち上げてclient側から通信を送って測定します。

サーバの起動

-s サーバ起動です。
-D デーモン起動します。
-1 1回通信を行ったら終了します。
–bind {IP} 使用するIPを指定します。IPが複数ある場合です、1つならオプションは必要ないです。

# iperf3 -s -D -1 --bind 192.168.100.77

クライアントから測定

-c クライアント起動です。
-P 並列実行します

通信するサーバのIPを指定して実行します。

# iperf3 -c 192.168.100.77
Connecting to host 192.168.100.77, port 5201
[  4] local 192.168.100.77 port 42558 connected to 192.168.100.77 port 5201
[ ID] Interval           Transfer     Bandwidth       Retr  Cwnd
[  4]   0.00-1.00   sec  1.31 GBytes  11.3 Gbits/sec    0   1.19 MBytes
[  4]   1.00-2.00   sec  1.33 GBytes  11.4 Gbits/sec    0   1.19 MBytes
[  4]   2.00-3.00   sec  1.33 GBytes  11.4 Gbits/sec    0   1.19 MBytes
[  4]   3.00-4.00   sec  1.33 GBytes  11.4 Gbits/sec    0   1.19 MBytes
[  4]   4.00-5.00   sec  1.33 GBytes  11.4 Gbits/sec    0   1.19 MBytes
[  4]   5.00-6.00   sec  1.33 GBytes  11.4 Gbits/sec    0   1.19 MBytes
[  4]   6.00-7.00   sec  1.33 GBytes  11.4 Gbits/sec    0   1.19 MBytes
[  4]   7.00-8.00   sec  1.33 GBytes  11.4 Gbits/sec    0   1.19 MBytes
[  4]   8.00-9.00   sec  1.34 GBytes  11.5 Gbits/sec    0   1.87 MBytes
[  4]   9.00-10.00  sec  1.35 GBytes  11.6 Gbits/sec    0   1.87 MBytes
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[ ID] Interval           Transfer     Bandwidth       Retr
[  4]   0.00-10.00  sec  13.3 GBytes  11.4 Gbits/sec    0             sender
[  4]   0.00-10.00  sec  13.3 GBytes  11.4 Gbits/sec                  receiver

iperf Done.

約11.4 Gbits/secで通信することができました。

今回はiperf3サーバとiperf3クライアントを同じサーバで実行しています。

自分から自分に通信送っているので、この速度がNICの最大速度なんでしょうね。

本来はサーバとクライアントを別に用意してサーバ間(PC)で測定します。

[クライアント] – [ハブ(インターネット等)] – [サーバ]みたいな。(物理的なリソース不足)

測定する時はfirewallに注意してください、デフォルトでport 5201を使用します。-pでポート指定できます。

ITエンジニアの転職

いまITエンジニアの需要は急拡大しています。
ITエンジニアの経験があれば好条件で転職することも難しくありません。

ネットビジョンアカデミー

☆ 支援ご協力のお願い ☆

この記事が「役に立った」と感じたら

投げ銭の「OFUSEで応援」で支援して頂けたら励みになります!

OFUSEのやり方(説明)

関連記事
記事特集