Googleがいよいよ本気でHTTP接続サイトに警告を出すことになりました。

7月公開予定のchrome68からすべてのHTTPサイトで「保護されていません」が表示されます。

SSLで暗号化したhttps通信以外では警告が表示されます。

「警告が表示されるだけでしょ?」なんて思っていたら大間違いです。

サイトを閲覧するユーザー側の視点で考えてみましょう。

Google chromeが危ないって言っているサイトを閲覧するでしょうか?

サイトを開いて警告が出たら「危ない!?」って思ってすぐ閉じます。

会社のホームページや、eコマースサイトなら閲覧者が激減します。

対策はSSL導入してhttpsで通信できるようにすることです。

企業ならコスト的にそれほど負担にはならないでしょうが、個人経営やアフィリエイターには痛い出費でしょうか。

GoogleがSSL証明書発行団体からバック貰っていたりして・・