概要

VirtualBoxとは、複数の仮想マシンを作成し動作させることができる無償のアプリケーションソフトウェアです。

VirtualBoxを使って、Linux系OSの一つで無償で利用できるCentOS7をインストールします。

使用するPCはWindows10です、WindowsにVirtualBoxをインストールして仮想マシンを作成し、仮想マシンにCentOS7をインストールします。

なお、開発用に作成するのでセキュリティはあまり考慮していません。

構築環境

  • Windows10(ホストOS)
  • VirtualBox5.2.18
  • CentOS7

あくまでテスト用の環境なので、メモリやディスク容量などは極力少ない仮想マシンを作成します。

ダウンロード(Download)

VirtualBox

VirtualBoxサイト:https://www.virtualbox.org/

1.「Download VirtualBox 5.2」をクリックします。
VirtualBoxダウンロード

2.「Windows hosts」をクリックするとダウンロードが始まります。
VirtualBoxダウンロード

3.ダウンロード後にインストールしてください。
VirtualBoxインストール
管理者権限でインストールしないと、NIC関連でエラーになることがあります。

CentOS7

CentOSサイト:https://www.centos.org/

1.「Get CentOS Now」をクリック
centos7ダウンロード

2.「DVD ISO」をクリック
centos7ダウンロード

3.ミラーサイトからダウンロード
centos7ダウンロード
好きなミラーサイトからダウンロードしてください、「Actual Contry」が日本のサーバーです。

仮想マシンの作成

centosインストール

VirtualBoxを起動し「新規」のアイコンを選択します。

名前は適当でかまいません。

メモリーサイズを設定

centosインストール
最低でも1024MBとありますが、もっと少なくても大丈夫です。

私はawsのt2.nanoを想定して512MBに設定しました。(あまり少なくすると、インストールがCUIになります。)

ハードディスク作成

centosインストール

「仮想ハードディスクを作成する」を選択し、「VDI」「可変サイズ」を選び進みます。

centosインストール

容量はデフォルトの8.00GBで作成します、容量は各自の必要な容量を確保してください。

ISOマウント

centosインストール

ストレージにインストール用のCentOS7のISOをマウントします。

仮想マシンを選択して、「設定」「ストレージ」「IDE:空」を選択して、右の光学ドライブのディスクのアイコンをクリックします。

centosインストール

ダウンロードしたCentOSのISOを選択して、ストレージにセットします。

CentOSのインストール

仮想マシンの起動

VirtualBoxで作成した仮想マシンを選択して「起動」を選びます。

centosインストール

「Install CentOS 7」を選ぶとCentOSのインストールが始まります。

「Test this media ~」を選ぶとISOイメージのチェックが始まります。(今回はしません。)

centosインストール

言語は「日本語」を選びます。

centosインストール

「ソフトウェアの選択」は最小限のインストールを選択。

「インストール先」を選択し、何もしないで「完了」します。

centosインストール

インストールが始まります、インストール中にrootパスワード設定やユーザ作成をおこないます。

今回はrootのパスワードだけ設定しています。

centosインストール

インストールが完了後「再起動」をします。

centosインストール

再起動の完了後に上記の画面になります。

上の「CentOS Linux」を選びます。(放置しても勝手に起動します。)

centosインストール

ユーザ選択とパスワードが求められるので、ユーザー「root」でパスワードはインストール時に決めたパスワードを入力します。

これでインストール完了です。お疲れさまでした。

おまけ

centosインストール

インストール直後のリソース状況です。

ディスク容量は1.1Gでメモリはusedが80992KB(80MB)くらい使用しています。

仮想マシン構築時のスペックの参考になりそうです。

※GUIは利用していません、CUIでの運用を想定しています。